アムンディ・サステナブル・インカム・ファンド(愛称:みらい定期便TM

動画

人生100年時代
ますますこれからの時間が
長くなっています。

  • 日本の100歳以上の人口推移

    100歳以上の人口は今後も増加し、
    2050年には50万人を突破する見込みです。

    図 図 図 図 図 図

  • 日本の平均寿命推移

    2050年には女性の平均寿命は90歳を超える
    見通しです。

    図 図 図 図 図 図

出所:厚生労働省「平成29年簡易生命表」「平成30年9月14日 報道発表資料」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年推計)」
の情報を基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。

運用しながら
資産寿命を延ばすことを
考えてみましょう。

  • 退職後の毎月の収支計画

    図 図 図 図 図

    年金などの収入では足りない月や
    特別な出費があるときは、
    預貯金の取り崩し等何かの補完が必要です。

  • 資産寿命を延ばす

    図 図 図 図 図 図

    貯蓄からの取り崩しを行う場合、運用する場合としない場合では、貯蓄が底をつくまでの期間に差が生まれる可能性があります。資産寿命を延ばすために、運用の重要性が高まる時代になっていると言えます。

    ※上記はイメージであり、ファンドの将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。

運用によって
毎月分配金を受け取りながら
資産寿命を延ばすファンドとは?

毎月の成果を「分配金」として
受け取れるファンドには
2つのタイプがあります。

  • 分配型ファンド タイプ1

    投資資産からの配当・利息等に加え、
    基準価額の水準にかかわらず、
    値上がり益等からも分配を出すファンド*

    図 図

    *決算期間中に発生した収益以上に繰越した収益からも分配金を出すファンド。

    ※上記はイメージであり、将来の運用成果、分配金の支払いおよびその金額について示唆・保証するものではありません。

  • 分配型ファンド タイプ2

    投資資産からの配当・利息等の範囲内で
    分配金を出す持続的(サステナブル)なファンド

    図 図

    ※上記はイメージであり、将来の運用成果、分配金の支払いおよびその金額について示唆・保証するものではありません。

運用により、分配金を受け取りながら、
資産寿命を延ばすためには、
タイプ2のような持続的(サステナブル)な
ファンドが
適していると考えられます。

図 図

アムンディ・サステナブル・インカム・ファンド
(愛称:みらい定期便TM

米国において実績を有する持続的かつ
安定的な分配のためにデザインされた運用戦略サステナブル

ファンドの特色

  • 特色1 持続性・安定性を重視した分配と目標分配額の提示 特色1 持続性・安定性を重視した分配と目標分配額の提示

    分配金は、原則として配当・利息等に
    基づきお支払いします。

    図 図

    原則として、配当・利息等から分配金をお支払いすることで、
    投資資産の目減りを回避し、資産寿命を延ばす効果が期待できます。

    ※上記はイメージであり、ファンドの将来の運用成果、分配金の支払いおよびその金額について示唆・保証するものではありません。
    (注)「みらい定期便TM」(以下「ファンド」ということがあります。)は、主としてAmundi Funds パイオニア・インカム・オポチュニティーズ(米ドル建、ルクセンブルク籍)(以下「主要投資対象ファンド」といいます。)に投資します。
    ファンドは、主要投資対象ファンドからの配当・利息等の収益に基づく分配があった場合、ファンドの基準価額が下落していても分配金を支払うことを原則とするため、分配金の一部が投資資産の一部払い戻しに相当する場合があります。

    目標分配額を毎年1月および7月
    決定します。

    図 図

    目標分配額とは、当該月以降の半年間の分配金の目標額のことで、予想される配当・利息等を基に、アムンディ・ジャパン株式会社が毎年1月および7月に決定します。目標分配額を半年ごとに決定することで、市況動向等の影響を分配額に適切に反映します。なお初回の分配金のお支払いは第5決算時(2020年1月27日)に行う予定です。

    • ※目標分配額は分配方針に基づき、アムンディ・ジャパン株式会社が決定します。ただし、実際の分配額は毎月の決算日に決定されるため、目標分配額とは異なる場合があります。また、分配対象額が少額の場合には分配を行わないことがあります。
    • ※上記はイメージであり、ファンドの将来の運用成果、分配金の支払いおよびその金額について示唆・保証するものではありません。
    • ◆資金動向および市場動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
  • 特色2 持続的な分配のための投資信託財産の成長 特色2 持続的な分配のための投資信託財産の成長

    世界の株式、債券、その他様々な資産へ分散投資することにより、好水準の配当・利息等の獲得による持続的な分配、および分配後の投資信託財産の中長期的な成長(米ドルベース)を目指します。

    図 図

    ※上記はイメージであり、ファンドの将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。

    市場環境に応じ、最適と判断される
    ポートフォリオの構築
    を行います。

    図 図

    図 図

    ファンドの主要投資対象ファンドは実質的に世界の株式、債券、その他様々な投資対象から最適な資産・銘柄を選択し、分散投資を行い、持続的な分配、投資信託財産の成長を目指します。

    ファンドの主要投資対象ファンドでは、銘柄選択において、ESG投資手法※にて評価が低い企業(または問題のある企業)を除外しています。
    ※Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の観点から、投資する企業を選別する手法。

    主要投資対象ファンドは、主に外貨建資産に投資するため、ファンドは為替レートの変動の影響を受けます。

    下落リスクを軽減するために
    ファンドの主要投資対象ファンドでは、市場の下落時に備え、株式、債券等の好利回り資産を売却して現金等の安全資産に切り替える代わりに、先物売り等を活用してリスクヘッジを行います。これにより好水準の配当・利息等を獲得しながら、下落リストを軽減することが可能になります。

    ◆資金動向および市場動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。

ファンド基本情報
米国で注目されている
「パイオニア・マルチアセット・インカム・ファンド」
(米国籍)

運用戦略の実績

「みらい定期便TM」の主要投資ファンドは、米国において実績を有する「パイオニア・マルチアセット・インカム・ファンド」(米国籍)と同一の運用戦略により運用されます。当運用戦略は、低金利時代における米国の年金世代の定期的なインカムニーズに合わせてデザインされたものです。

分配金支払い後の基準価額は
米国インフレ程度の穏やかな成長

■<ご参考>「パイオニア・マルチアセット・
インカム・ファンド」(米国籍)
の設定来の運用実績(費用控除後、米ドル建)

図 図

出所:ブルームバーグ、アムンディ・パイオニア・アセットマネジメント・インクのデータを基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。
基準価額と基準価額(税引前分配金再投資)はシェアクラスAのデータを使用し、2011年12月22日(設定日)を100として指数化。
米国消費者物価指数は2011年12月末を100として指数化。
純資産総額は同運用戦略の合計を使用。
期間:2011年12月22日(設定日)~2019年5月31日、日次。ただし、純資産総額の2011年12月末~2012年12 月末は月次。また、米国消費者物価指数は月次。

「パイオニア・マルチアセット・インカム・ファンド」(米国籍)は、ファンドの主要投資対象ファンドと運用戦略は同一ですが、目標分配額の決定方法、費用等が異なります。したがって、上記は「パイオニア・マルチアセット・インカム・ファンド」(米国籍)の過去の実績であり、ファンドの将来の運用成果、分配金の支払いおよびその金額について示唆・保証するものではないことに十分ご注意ください。

販売会社

※50音順

ファンド基本情報
  • ・当ウェブサイトは、アムンディ・ジャパン株式会社が日本の居住者の皆様を対象として設定・運用を行う国内投資信託の特色・仕組みおよび運用状況等をお伝えすることを目的として、アムンディ・ジャパン株式会社が作成したものであり、法令等に基づく開示書類ではありません。また、当ウェブサイトは、特定の金融商品の勧誘を目的とするものではありません。
  • ・当ウェブサイトの作成にあたり、情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、安全性を保証するものではありません。
  • ・ファンド等に関わる数値・グラフ等はあくまでも過去の実績であり、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。また、手数料・税金等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。換金時(および償還時)の費用・税金等は考慮しておりません。
  • ・当ウェブサイトにおいて表明された将来見通し、意見および情報は作成時点のものであり、予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイト中のいかなる内容も、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • ・投資信託の取得のお申込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめまたは同時にお渡ししますので、お受取の上、詳細の内容は投資信託説明書(交付目論見書)で必ずご確認ください。なお、投資に関する最終決定は、ご自身でご判断ください。
  • ・投資信託は預金、保険ではなく、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また、登録金融機関を通じてご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の保護の対象とはなりません。
  • ・投資信託は、株式など値動きのある有価証券(外貨建資産には、当該外貨の円に対する為替レートの変動による為替変動リスクもあります。)に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、金融機関の預金と異なり、購入金額を下回る場合があり、元本が保証されているものではありません。また、投資信託に生じた利益および損失は、すべて投資者の皆様に帰属します。

これより先は、へ移動します。
よろしければ「移動する」ボタンをクリックしてください。

リンク先URL:

※リンク先のウェブサイトは、アムンディ・ジャパン株式会社により管理されているものではありませんのでご了承ください。