みらいメディカル

アムンディ・次世代医療テクノロジー® ・ファンド(愛称:みらいメディカル®)

~ロボティクス、AI、ビッグデータ。今、その先のテクノロジーへ~次世代医療テクノロジー®がかなえる、人生100年時代への挑戦。テクノロジーの進化をもとに発展する今後の医療革新に注目したファンドのご紹介です。

ファンドの魅力

みらいメディカルファンドの魅力

魅力1:今後も拡大が期待される医療関連市場

高齢化の進展

先進国を中心に高齢化が進んでおり、2050年には先進国の4人に1人が65歳以上になることが予測されており、1人当たりの医療費も年々増加しています。

65歳以上の人口・割合

期間:1950年~2050年、5年ごと。2025年以降は国際連合の予測値。
*先進国は国際連合の定義によります。
*日本の65歳以上の医療費については、年齢階級別国民医療費(総数)の構成割合に基づきます。
出所:国際連合「World Population Prospects 2 0 2 2 」、厚生労働省「令和2 年度国民医療費の概況」のデータを基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。

広がる医療の幅

健康に生きる人生100年時代の創造

社会構造の変化とテクノロジーの飛躍的な進化により、医療がこれまでの「画一的治療」から「トータルケアとテーラーメイド」へ広がる中で、医療・健康関連市場は拡大が見込まれています。

魅力2:テクノロジーの進化により発展する医療革新

AI(人工知能)などのデジタル化の進展やビッグデータの活用により、次々に画期的な医療技術や医療機器・サービスが創出され、その市場規模は今後も拡大していくことが期待されています。みらいメディカルは、医療テクノロジー関連企業の株式に実質的に投資を行います。

~テクノロジーの進化をもとに発展する今後の医療革新に注目~

次世代医療機器

次世代医療機器
手術支援ロボットによる手術は、従来の開腹手術と比較して体に負担が少なく、合併症のリスク軽減、早期社会復帰など術後の生活の質の向上が期待されるなど、様々なメリットがあります。

ゲノム

ゲノム
次世代シーケンサー(遺伝子配列解析装置)の登場により、遺伝子解析にかかるコストは2001年から約20年で約18万分の1に低下、期間は2003年に3~4か月かかったものが2015年には5〜6日まで劇的に低下しました。これにより遺伝子解析情報に基づく検査や治療が可能になりました。

免疫療法

免疫療法
がんの新たな治療法として「免疫療法」が近年注目されています。免疫療法とは、免疫本来の力を回復させる治療法で、臨床での研究で効果が明らかにされている免疫療法としては、がん細胞が免疫にブレーキをかける仕組みに働きかける免疫チェックポイント阻害剤などがあります。

再生医療

再生医療
再生医療とは、病気や怪我によって失われてしまった機能を回復させることを目的とした治療法で、iPS細胞の活用などが期待されています。技術革新が再生医療の実用化を加速させ、再生医療の市場規模は急速に拡大していくと見込まれています。

遠隔診断・治療

遠隔診断・治療
現在、医療現場ではテレビ電話などを用いて診療を行う遠隔診療やカルテの自動入力や画像診断などにAIを積極的に利用する「AI病院」の実現に向けて医療のデジタル化が急速に進んでいます。これに伴うメリットは幅広く、世界のデジタル医療市場は引き続き拡大すると見込まれています。

※上記テクノロジーや恩恵は一例であり、すべてを網羅するものではありません。写真はイメージです。
※上記は、あくまでも理解を深めて頂くために例示したものであり、いかなる個別銘柄の売買等を推奨するものではありません。また将来のファンドへの実質的な組入を保証するものではありません。

魅力3:次世代医療テクノロジーの良好なパフォーマンス

  • 医療テクノロジー関連株式は、世界株式やヘルスケア株式、医薬品株式よりも堅調なパフォーマンスを示しています。
  • 医療テクノロジー関連株式の予想EPS*は2023年以降も2020年以前と比較して高水準で推移することが予想されています。

*1株当たりの利益

指数の推移(円換算ベース)

期間:2010年4月末~2024年1月末、月次。
出所:アムンディ・ジャパン株式会社。
米ドルベースの月末より1日前のデータ(トータルリターン)を各月末の三菱UFJ銀行対顧客公示相場レートを用いて換算しています。合成指数は月次リバランス。

医療テクノロジー関連株式(合成指数)の予想EPSの推移

期間:2012年~2025年、年次。2023年までは各年末時点、2024年、2025年は2024年1月末時点における予想値を基に、各指数の時価総額加重平均により算出。
出所:アムンディ・ジャパン株式会社。

使用した指数は、いずれもファンドのベンチマークではありません。
使用した指数およびその権利についてはページ末尾の「当資料で使用した指数について」をご覧ください。

上記は過去のデータに基づくものであり、ファンドの運用実績ではありません。またファンドの将来の運用成果等を保証するものではありません。

企業例のご紹介<ご参考>

下記は、あくまでも理解を深めて頂くために例示したものであり、いかなる個別銘柄の売買等を推奨するものではありません。また将来のファンドへの実質的な組入を保証するものではありません。

オリンパス

オリンパス(日本)
医療用光学機器で世界最大手の一社
1919年に顕微鏡事業で創業。光学技術がのちにカメラや内視鏡の技術へと発展。1950年、世界で初めて胃カメラの実用化に成功。主力である消化器内視鏡分野で世界7割のシェアを有する(2022年10月現在)。

エドワーズライフサイエンス

エドワーズライフサイエンス(アメリカ)
人工心臓弁や血行動態モニタリング製品の世界的リーダー
1958年、創始者エドワーズ氏が研究室を立ち上げ、1960年に世界で初めて人工心臓弁の製品化に成功。TAVI(経カテーテル大動脈弁治療)に用いる生体弁も世界に先駆けて開発し、開胸手術が困難とされた患者への治療を可能に。

ボストン・サイエンティフィック

ボストン・サイエンティフィック(アメリカ)
世界最大級の医療機器メーカー
1979年に米国で創業、患者の負担を軽減する低侵襲性の外科的治療機器などを幅広い領域に展開。心血管や末梢血管疾患領域のほか、不整脈・心不全治療領域、消化器・呼吸器・泌尿器・神経疾患領域などをカバー。

出所:各社ホームページ等の情報を基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。
※上記テクノロジーや恩恵は一例であり、すべてを網羅するものではありません。写真はイメージです。
※上記は、あくまでも理解を深めて頂くために例示したものであり、いかなる個別銘柄の売買等を推奨するものではありません。また将来のファンドへの実質的な組入を保証するものではありません。

関連レポート・動画

  • 2023年12月4日
    「アムンディ・次世代医療テクノロジー・ファンド(愛称:みらいメディカル)」アップデートレポート:組入上位銘柄の2023年7-9月期決算概況
  • 2023年10月27日
    「みらいメディカル」技術の進化によりさらなる成長が期待される『医療テクノロジー』
  • 2023年8月28日
    「アムンディ・次世代医療テクノロジー・ファンド(愛称:みらいメディカル)」アップデートレポート:組入上位銘柄の2023年4-6月期決算概況
もっと見る

販売会社

 

※ 五十音順

持続可能な開発目標/SDGsについて

あなたの投資が医療の未来を変えていく

出所:国際連合

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。アムンディもこの目標に賛同し、積極的に取り組むべきものと考えています。

アムンディの「着レポ」

着レポ

みらいメディカルに関する分配金のお知らせや臨時レポートをメーリでタイムリーにお届けします。さらにファンドの運用報告や見通しなど役立つ情報が満載です。

もっと詳しく

次世代医療テクノロジー®、みらいメディカル®、M E D I T E C H ®およびメディテック®はアムンディ・ジャパンの登録商標です。

<当資料で使用した指数について>
当資料では、特に記載の無い限り以下の指数を使用しております。

医療テクノロジー関連株式(合成指数):MSCIワールド・ヘルスケア機器サービス・インデックス、MSCI World Biotechnology GICS Level 3 Index、MSCI World Life Sciences Tools & Services Indexを時価総額で加重平均して算出。
ヘルスケア株式:MSCIワールド・ヘルスケア・インデックス、医薬品株式:MSCI World Pharmaceuticals GICS Level 3 Index、世界株式:MSCIワールド・インデックス

MSCIの各インデックスは、MSCI Inc.が開発した株価指数です。同指数に関する著作権、その他知的財産権はMSCI Inc.に帰属しております。

・ 当ページは、アムンディ・ジャパン株式会社(「当社」)が日本の居住者の皆様を対象として設定・運用を行う国内投資信託の情報提供を目的として、当社が作成したものであり、法令等に基づく開示書類ではありません。また、当ページに含まれるいかなる特定の金融商品取引の勧誘を目的とするものではありません。
・ 当ページは、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
・ 当ページに記載されている運用実績等に関わる数値・グラフ等はあくまでも過去の実績であり、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。また、手数料・税金等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
・ 当ページに記載されている内容・数値・図表・意見・予測等は作成時点のものであり、将来の市場動向、運用成果を示唆・保証するものではなく、予告なしに変更される可能性があります。
・ 投資信託は、株式など値動きのある有価証券(外貨建資産には、当該外貨の円に対する為替レートの変動による為替変動リスクもあります。)に投資しますので、基準価額は変動します。投資元本が保証されているものではありません。投資信託の基準価額の下落により、損失を被り投資元本を割り込むことがあります。投資信託の運用による損益はすべて投資者の皆さまに帰属します。
・ 投資信託は預金、保険ではなく、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また、登録金融機関を通じてご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の保護の対象とはなりません。
・ 投資信託のお取引に関しては、クーリング・オフの適用はありません。
・ 投資信託の取得のお申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。

本サイトでは、お客様の利便性の向上およびサービスの品質維持・向上を目的としてクッキーを利用しています。このサイトの閲覧を続けることでクッキーの利用に同意いただいたものとみなされます。クッキーの無効化をご希望の場合は「本サイトのご利用にあたって」をご確認ください。