みらいメディカル

アムンディ・次世代医療テクノロジー® ・ファンド(愛称:みらいメディカル®)

~ロボティクス、AI、ビッグデータ。今、その先のテクノロジーへ~次世代医療テクノロジー®がかなえる、人生100年時代への挑戦。テクノロジーの進化をもとに発展する今後の医療革新に注目したファンドのご紹介です。

みらいメディカルファンド紹介動画
あなたの投資が医療の未来を変えていく

ファンドの魅力

みらいメディカルファンドの魅力

1. 今後も拡大が期待される医療関連市場

 

先進国を中心に高齢化が進んでおり、2050年には先進国の4人に1人が65歳以上になることが予測されています。

期間:1950年~2050年、5年ごと。2025年以降は国際連合の予測値。
*先進国は国際連合の定義によります。
*日本の65歳以上の医療費については、年齢階級別国民医療費(総数)の構成割合に基づきます。
出所:国際連合「World Population Prospects 2022」、厚生労働省「令和2年度国民医療費の概況」のデータを基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。

65歳以上の人口・割合
広がる医療の幅
 

高齢化の進展など社会構造の変化とテクノロジーの飛躍的な進化により、医療・健康関連市場は拡大が見込まれています。

 

2030年の医療・健康関連市場は、日本のGDP(2022年名目GDP約556.5兆円)並みに拡大すると予想されています。

出所:内閣府「国⺠経済計算」のデータおよび「⽇本再興戦略改訂(抜粋)(2013年6⽉閣議決定)」の情報を基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。

世界の医療・健康関連市場規模の推移

2. テクノロジーの進化により発展する医療革新

AI(人工知能)などのデジタル化の進展やビッグデータの活用により、次々に画期的な医療技術や医療機器・サービスが創出され、その市場規模は今後も拡大していくことが期待されています。

進化するテクノロジー

次世代医療テクノロジー®の飛躍的な発展

次世代医療機器

手術支援ロボット ダヴィンチ※を用いた 手術の特徴

※インテュイティブサージカルが開発、製造する内視鏡下手術支援ロボット

  • 複数の小さな切開のみで、複雑な手術を行うことができます。
  • 人間の手以上の広い可動域を有する鉗子を挿入し、手振れ制御機能付のロボットアームで操作できます。
  • ハイビジョン3D画像にて最大約15倍まで拡大できます。

開腹手術と比較して期待されるメリット

  • 体への負担が少ない
  • 合併症のリスク軽減
  • 早期社会復帰など術後の生活の質向上
開腹手術との比較、ダヴィンチの手術件数の推移

出所:インテュイティブサージカル、厚生労働省のホームページ、各種報道資料等を基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。
上記医療テクノロジーについては参考情報の提供を目的としており、関連する医療等やいかなる個別銘柄の売買等を推奨するものではなく、またファンドが当該テクノロジーに関連する企業の株式を組入れることを保証するものではありません。上記テクノロジーやメリットは一例であり、すべてを網羅するものではありません。

ゲノム

遺伝子解析にかかるコストの低下と 期間の短縮

遺伝子解析にかかるコストの低下と期間の短縮

出所:National Human Genome Research Instituteホームページ、各種資料等を基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。
上記医療テクノロジーについては参考情報の提供を目的としており、関連する医療等やいかなる個別銘柄の売買等を推奨するものではなく、またファンドが当該テクノロジーに関連する企業の株式を組入れることを保証するものではありません。上記テクノロジーやメリットは一例であり、すべてを網羅するものではありません。

免疫治療・再生医療

免疫療法

免疫療法とは、免疫本来の力を回復させる治療法です。臨床での研究で効果が明らかにされている免疫療法としては、がん細胞が免疫にブレーキをかける仕組みに働きかける免疫チェックポイント阻害剤などがあります。免疫チェックポイント阻害剤とは、がん細胞が体内の免疫細胞(T細胞など)にブレーキをかけるのを防ぐことで免疫細胞の働きを持続させ、がん細胞への攻撃を助けるものです。

免疫チェックポイント阻害剤の作用イメージ図

出所:国立がん研究センター「がん情報サービス」ホームページ、各種報道の情報を基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。
上記イラストは、例示をもって理解を深めて頂くことを目的としたイメージ図です。

再生療法

再生医療とは、病気や怪我などによって失われてしまった機能を回復させることを目的とした治療法です。

iPS細胞:人工多能性幹細胞のことで、皮膚などの細胞をもとに作られる、あらゆる細胞に変化できる細胞

iPS細胞は再生医療や、病気の原因を解明し、新しい薬の開発などに活用できると考えられています。

再生医療等製品の将来規模予想(世界)

出所:京都大学iPS細胞研究所、経済産業省(再生医療・遺伝子治療の産業化に向けた基盤技術開発事業複数課題プログラムの概要)等の各種資料を基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。
上記イラストは、例示をもって理解を深めて頂くことを目的としたイメージ図です。
上記医療テクノロジーについては参考情報の提供を目的としており、関連する医療等を推奨するものではなく、またファンドが当該テクノロジーに関連する企業の株式を組入れることを保証するものではありません。また上記テクノロジーやメリットは一例であり、すべてを網羅するものではありません。

遠隔診断・治療

デジタル医療の推進

遠隔診療
遠隔診療とは、テレビ電話などの情報通信技術を用いて診療を行うことで、「医師同士をつなぐ」ものと「医師と患者をつなぐ」ものがあります。次世代の移動通信システム「5G」を活用して地域の診療所と大学病院を結ぶ実証実験も始まっています。

AI病院
日本では、カルテの自動入力や画像診断などにAI(人工知能)を積極的に利用する「AI病院」の実現に向けて産官学が連携する方向です。

AI活用による医療現場の効率化

出所:各種報道資料を基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。
上記イラストは、例示をもって理解を深めて頂くことを目的としたイメージ図です。

 

デジタル医療のメリット

遠隔診療、AI病院
世界のデジタル医療規模の推移

出所:Statistaのデータ(2019年2月現在)を基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。
上記医療テクノロジーについては参考情報の提供を目的としており、関連する医療等を推奨するものではなく、またファンドが当該テクノロジーに関連する企業の株式を組入れることを保証するものではありません。また上記テクノロジーやメリットは一例であり、すべてを網羅するものではありません。

3. 次世代医療テクノロジーの良好なパフォーマンス

  • 医療テクノロジー関連株式は、世界株式やヘルスケア株式、医薬品株式よりも堅調なパフォーマンスを示しています。
  • 医療テクノロジー関連株式の予想EPS*は2023年以降も2020年以前と比較して高水準で推移することが予想されています。
    (*1株当たりの利益)
指数の推移(円換算ベース)、医療テクノロジー関連株式(合成指数)の予想EPSの推移

*使用した指数は、いずれもファンドのベンチマークではありません。使用した指数およびその権利についてはページ下部の「当資料で使用した指数について」をご覧ください。

上記は過去のデータに基づくものであり、ファンドの運用実績ではありません。
またファンドの将来の運用成果等を保証するものではありません。

企業例のご紹介<ご参考>

下記は、あくまでも理解を深めて頂くために例示したものであり、いかなる個別銘柄の売買等を推奨するものではありません。また将来のファンドへの実質的な組入を保証するものではありません。

オンパス

1919年創業、1950年には世界で初めて胃カメラの実用化に成功。2022年3月期の事業別の売上高では、医療事業が約85%を占める。また、同社の主力である消化器内視鏡分野において世界で7割のシェア(2021年11月現在)を有するなど、医療用光学機器で世界最大手の一社。

【テクノロジー例】内視鏡システム

臓器をモニターで見ながら、検査や治療を行う医療機器。ビデオスコープとビデオシステム本体で構成されます。近年では、焦点範囲の広い画像を生み出すイメージング技術等の導入や、リアルタイムで画像診断を支援するAI (人工知能)の活用などの進化を遂げています。


出所:各社ホームページ等の情報を基にアムンディ・ジャパン株式会社が作成。

エドワーズ ライフサイエンス

1960年に世界で初めて人工心臓弁の製品化に成功。TAVI(経カテーテル大動脈弁治療)に用いる生体弁(生体を使用した人工弁)も世界に先駆けて開発し、開胸手術が困難とされた患者への治療を可能に。心臓が送り出す血液の量や血流のモニタリングシステムでも世界的リーダー。

【テクノロジー例】TAVI(タビ:経カテーテル大動脈弁治療)

心臓の大動脈弁が硬くなり、開きにくくなる大動脈弁狭窄症の治療法で、開胸することなく、また心臓も止めることなく、カテーテルを使って鉛筆ほどの太さに折りたたまれた生体弁を、大動脈弁の位置で広げて留置する手術です。


出所:各社ホームページ等の情報を基にアムンディ・ジャパン株式会社が作成。

アボット ラボラトリーズ

1888年創業の医療機器、診断薬・機器、栄養剤およびジェネリック医薬品等を幅広く手掛ける総合ヘルスケア企業。医療機器分野では、心不全遠隔モニタリング、糖尿病患者向けグルコースモニタリングシステム、診断機器では新型コロナウイルス感染症の検査機器など、様々な分野で市場をリード。

【テクノロジー例】遠隔および継続モニタリング

心臓に関する情報を植込み型心臓デバイスが病院の機器と直接通信する「遠隔モニタリング」、体液中のグルコース値を腕に貼り付けたセンサーにより継続的に測定し、変動傾向も確認が出来る「糖尿病患者向けグルコースモニタリングシステム」など。


出所:各社ホームページ等の情報を基にアムンディ・ジャパン株式会社が作成。

インテュイディブサージカル

ロボット支援低侵襲外科手術技術の分野での世界的リーダー。内視鏡下手術支援ロボット「ダヴィンチ」の開発、製造、販売を行う。アームの先端に装着する付属品や保守サービスなどが売上の約7割を占めており、継続的な売上に寄与。

【テクノロジー例】ダヴィンチ(da Vinci)

複数の小さな切開のみで、複雑な手術を行える。人間の手以上の広い可動域を有する鉗子を挿入し、手振れ制御機能付のロボットアームで操作。従来の開腹手術と比較して合併症のリスクを軽減。術後の回復を容易にし入院日数の短縮を可能に。


出所:各社ホームページ等の情報を基にアムンディ・ジャパン株式会社が作成。

上記は、当資料作成日現在取得可能なデータや情報に基づくものであり、
将来を保証するものではありません。

販売会社(五十音順)

 

持続可能な開発目標/SDGsについて

あなたの投資が医療の未来を変えていく

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。アムンディもこの目標に賛同し、積極的に取り組むべきものと考えています。

次世代医療テクノロジーおよびみらいメディカルはアムンディ・ジャパンの登録商標です。

<当資料で使用した指数について>
当資料では、特に記載の無い限り以下の指数を使用しております。

医療テクノロジー関連株式(合成指数):MSCIワールド・ヘルスケア機器サービス・インデックス、MSCI World Biotechnology GICS Level 3 Index、MSCI World Life Sciences Tools & Services Indexを時価総額で加重平均して算出。
ヘルスケア株式:MSCIワールド・ヘルスケア・インデックス医薬品株式:MSCI World Pharmaceuticals GICS Level 3 Index
世界株式:MSCIワールド・インデックス

MSCIの各インデックスは、MSCI Inc.が開発した株価指数です。同指数に関する著作権、その他知的財産権はMSCI Inc.に帰属しております。

・ 当ページは、アムンディ・ジャパン株式会社(「当社」)が日本の居住者の皆様を対象として設定・運用を行う国内投資信託の情報提供を目的として、当社が作成したものであり、法令等に基づく開示書類ではありません。また、当ページに含まれるいかなる特定の金融商品取引の勧誘を目的とするものではありません。
・ 当ページは、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
・ 当ページに記載されている運用実績等に関わる数値・グラフ等はあくまでも過去の実績であり、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。また、手数料・税金等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
・ 当ページに記載されている内容・数値・図表・意見・予測等は作成時点のものであり、将来の市場動向、運用成果を示唆・保証するものではなく、予告なしに変更される可能性があります。
・ 投資信託は、株式など値動きのある有価証券(外貨建資産には、当該外貨の円に対する為替レートの変動による為替変動リスクもあります。)に投資しますので、基準価額は変動します。投資元本が保証されているものではありません。投資信託の基準価額の下落により、損失を被り投資元本を割り込むことがあります。投資信託の運用による損益はすべて投資者の皆さまに帰属します。
・ 投資信託は預金、保険ではなく、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また、登録金融機関を通じてご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の保護の対象とはなりません。
・ 投資信託のお取引に関しては、クーリング・オフの適用はありません。
・ 投資信託の取得のお申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。

本サイトでは、お客様の利便性の向上およびサービスの品質維持・向上を目的としてクッキーを利用しています。このサイトの閲覧を続けることでクッキーの利用に同意いただいたものとみなされます。クッキーの無効化をご希望の場合は「本サイトのご利用にあたって」をご確認ください。