ホーム > 会社情報 > 社会活動のとりくみ

社会活動のとりくみ

アムンディ・ジャパンでは、チャリティ・マラソンへの参加やボランティア活動への参加を推奨し、社会活動を積極的に推進しております。

「FITチャリティ・ラン2019」に参加

2020年1月19日

第15回 FIT チャリティ・ラン2019

第15回 FIT チャリティ・ラン2019は、2020年1月19日(日)に聖徳記念絵画館および明治神宮外苑周辺周回コースで開催されました。 毎年、アムンディ・ジャパンはクレディ・アグリコル・グループの皆さんと共にこのFITに参加しています。
111の金融サービスおよび関連する国内外の企業から5,100人を超える参加者を集め、10キロ、5キロランやリレーなどの競技も含め楽しく走るとともに、社会貢献のために合計55,554,017円(暫定)にのぼる寄付金を集めました。 アムンディ・ジャパンも微力ながらイベントを通じて、地域に密着した意義ある活動を行う団体を支援してまいります。



« Go Green »
アムンディは使い捨てカップを使いません

2020年2月3日

100%リサイクルプラスチック製の環境に優しいフランス製のカップ

アムンディでは、パリ本社およびその他のほとんどの国で、コーヒーマシンから使い捨てカップを取り外し、環境に配慮して廃棄物の削減に取り組んでいます。日本でもこの取り組みに参加するため、100%リサイクルプラスチック製の環境に優しいフランス製のカップをスタッフに配布し、スタッフは、使い捨てカップの使用をやめることにしました。
この環境に優しいプラスチックカップは、PP(食品および医療産業で使用されるプラスチック)で作られており、BPA(ビスフェノールA)およびフタル酸エステル不使用が保証されています。
アムンディは責任ある運用会社として、これからも廃棄物の削減に取り組んでいきます。

レジ袋削減を推進

2020年1月10日

アムンディ・ジャパンの弁当バッグ

フランスでは「緑の成長のためのエネルギー転換法」により、2020年1月1日から使い捨てのプラスチック製コップ、皿、ストロー、ナイフ・フォークなどのカトラリーの使用が法律で禁止されました。
アムンディでは、日本でもフランスを本拠とするクレディ・アグリコル・グループの一員として、プラスチックごみ削減推進のイニシアチブのひとつとして、社員にエコバッグを配布しました。職場でも日常生活においてレジ袋の削減に取り組んでいます。

湘南の海岸砂防林を守るボランティア活動

2019年9月28日

湘南の海岸砂防林を守るボランティア活動

アムンディ・ジャパンの社員は、9月28日(土)、クレディ・アグリコル・グループ社員とその家族とともに、NPO法人地球緑化センターが行う湘南の海岸砂防林を守るボランティア活動に参加しました。
湘南海岸では毎年10月から4月にかけて、時折強い南西風が吹き荒れます。海岸地域住民の生活と沿岸地域の景観や自然環境を守るため、砂防林の役割が重要視されています。海岸林はクロマツと常緑広葉樹で形成され、高い砂防・防風機能を保っています。
補植のためのクロマツの苗を育てる圃場の草取りや、補植した苗が順調に育つよう雑草を除去するなど、砂防林を守るお手伝いをしてきました。
大変な力仕事もありましたが、全員が協力してやり遂げました。砂防林の歴史も学ぶことができ、自然とともに有意義な一日を過ごすことができました。 海岸砂防林をみんなで守っていきましょう。

これより先は、へ移動します。
よろしければ「移動する」ボタンをクリックしてください。

リンク先URL:

※リンク先のウェブサイトは、アムンディ・ジャパン株式会社により管理されているものではありませんのでご了承ください。