ホーム > 投資信託ガイド > フランカと一緒に始めよう!SGDs、私たちにできること。 > SDGs|5.ジェンダー平等を実現しよう

フランカと一緒に始めよう!SGDs、私たちにできること。

フランカと一緒に始めよう!SGDs、私たちにできること。

コラム案内人:フランカ。フランカの活動内容を見る
コラム案内人:フランカ。フランカの活動内容を見る

5. ジェンダー平等を実現しよう

イメージ


 ダイバーシティとは多様性のことです。経営におけるダイバーシティは、性別、人種、国籍、宗教、年齢等の多様性を活かして企業を経営していこうという取組です。日本ではまず、女性の積極的採用が注目されているようです。
 私が働いているアムンディ・ジャパンのリテールビジネス本部は27名が所属する本部ですが、そのうち女性は私を含め16名です。約6割が女性ということになります。また、部長や副部長相当の役職についている女性が7名います。女性が大活躍している本部といえます。男性、女性という性別を意識して配属されたわけではなく、本人のやる気、能力に沿って、適材適所に人材を配置していった結果ではありますが、女性がリーダーシップを発揮する機会が多い本部といえます。
 もともとアムンディ・ジャパンでは、職業やタイトル、処遇における男女の差はありません。性別に関係なく、自由闊達に意見を述べあうコーポレイト・カルチャーです。そして、鼻息荒い(?)女性陣と一緒に働いている男性社員も、性別を意識することなく自然に女性の上司や、女性の部下、同僚と働いています。職場での能力の評価においては、性別は全く関係ありません。
女性、男性の区別なく、活発に、率直に、でも相手への敬意をもって、自分の意見を述べ、相手の意見を聞くというコミュニケーションが可能であることは、職場においてとても大切だと思います。
 今後もダイバーシティの取組を、性別だけでなく、その他の多様性の活用にまで広げていきたいと考えています。

 持続可能な開発目標/SDGsとは

持続可能な開発目標/SDGs
持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。アムンディも3つの主要分野、ESG分析基準、ESGソリューションおよびエンゲージメントポリシーを通じ、SDGsの達成に取り組んでいます。
アムンディのESG投資と持続可能な開発目標/SDGsについて
コラムニスト
投稿日:2019年7月1日
コラムニスト
投稿日:2019年7月1日
記事一覧
アムンディ・ジャパン公式Facebookページへ
アムンディ・ジャパン公式Facebookページへ

これより先は、へ移動します。
よろしければ「移動する」ボタンをクリックしてください。

リンク先URL:

※リンク先のウェブサイトは、アムンディ・ジャパン株式会社により管理されているものではありませんのでご了承ください。