これからの投資のかたち、社会にインパクトを与える投資

これからの投資のかたち、
社会にインパクトを与える投資

社会にインパクトを与える投資とは、財務的リターンと並行して社会や環境の課題解決に取り組む企業や領域に投資し、財務的なリターンと社会的なリターンの両立を実現する投資のことです。社会にインパクトを与える投資にも様々なニーズがあり、欧米を中心に、徐々にその市場が拡大しています。

社会にインパクトを与える投資

社会にインパクトを与える投資 社会にインパクトを与える投資

日本における社会的インパクト投資残高(推計)の推移

日本における社会的インパクト投資
残高(推計)の推移

■ 2018年度の日本における社会的インパクト投資残高は、約3,440億円と推測され、2017年度と比較して5倍近くの成長を示しています。

■ 市場拡大の要因としては、2017年度までに既に社会的インパクト投資に取り組んでいた機関が投資残高を増やしたことや2018年度から新たに社会的インパクト投資に取り組む機関が増加したことが挙げられます。

5倍近くの成長 5倍近くの成長

出所:Global Social Impact Investment Steering Group(GSG) 国内諮問委員会による日本における社会的インパクト投資の現状2018を基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。

上記は当資料作成日現在取得可能なデータに基づくものであり、将来を示唆・保証するものではありません。

運用の世界に第三の次元を
アムンディ インパクトフル・アクション・シリーズTM

  • ■ アムンディ インパクトフル・アクション・シリーズTMのファンドは、持続可能(サステナブル)な社会の実現のため、運用の世界から社会にインパクトを与えることを目指します。
  • ■ 従来の「リスク」と「リターン」に加え、社会的・環境的インパクトを創出する「価値観(バリュー)」を加えた3次元で投資判断が行われます。
  • ■ 「価値観(バリュー)」は運用によって達成できる価値観で、運用の目標が社会への貢献度と合致するものです。

二次元の世界から、三次元の世界へシフト

二次元の世界から、三次元の世界へシフト 二次元の世界から、三次元の世界へシフト

価値観(バリュー)を加えた投資先企業の投資判断

価値観(バリュー)を加えた
投資先企業の投資判断

価値観(バリュー)を加えた投資先企業の投資判断 価値観(バリュー)を加えた投資先企業の投資判断

出所:各種情報等を基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。

持続可能(サステナブル)な社会の実現へ

超高齢化社会(人生100年時代) 「人生100年時代」は、テクノロジーの進化が社会を大きく変化させていく時代です。その時代に対応するためには、身に着けてきた知識やスキルに加え、新たな社会が必要とする能力を備えるために生涯にわたって幅広い教育が必要とされるでしょう。

超高齢化社会(人生100年時代) 超高齢化社会(人生100年時代)

■ 人生100年時代、教育は生涯を通じた存在に

超高齢化社会(人生100年時代) 超高齢化社会(人生100年時代)

*一度社会に出たのちの、企業による教育以外の訓練や教育、学び直し

■ 世界の教育市場は、社会構造の変化を背景に、進化・拡大していくことが予想されています。

世界の教育市場規模

世界の教育市場規模 世界の教育市場規模

※2019年6月末の為替レート(1米ドル=107.78円)で換算。

出所:OECD(経済共同開発機構)、ユネスコ、IMF(国際通貨基金) 「世界経済見通し2019年4月版」、内閣府「国民経済計算」等のデータを基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。
OECD加盟国(除くスイス)、OECDの定めるBIG6、アルゼンチン、コロンビア、サウジアラビア、コスタリカの45ヵ国の一人当たりGDPおよび一人当たり教育支出を基に算出。

さらに詳しく

「教育」に投資するアムンディ インパクトフル・アクション・シリーズTMのファンド

アムンディ・次世代教育関連ファンド(愛称:みらいエデュケーションTM) アムンディ・次世代教育関連ファンド(愛称:みらいエデュケーションTM)

閉じる∧

健康と幸福 先進国を中心に高齢化が進んでおり、2050年には先進国の4人に1人が65歳以上になることが予測されています。このような社会構造の変化と、テクノロジーの飛躍的な進化による医療革新が注目されています。

健康と幸福 健康と幸福

■ 先進国を中心とした高齢化の進行や、人工知能(AI)などのデジタル化の進展やビッグデータの活用により、次々に画期的な医療技術や医療機器・サービスが創出されており、その市場規模は今後も拡大していくことが期待されています。

65歳以上の人口・割合

65歳以上の人口・割合 65歳以上の人口・割合

期間:1950年~2050年、5年ごと。2020年以降は国際連合の予測値。

*先進国は国際連合の定義によります。

*日本の65歳以上の医療費については、年齢階級別国民医療費(総数)の構成割合に基づきます。

出所:国際連合(World Population Prospects:The 2017 Revision)、厚生労働省「平成27年度国民医療費の概況」のデータを基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。

世界の医療・健康関連市場規模の推移

世界の医療・健康関連市場規模の推移 世界の医療・健康関連市場規模の推移

出所:内閣府「国⺠経済計算」のデータおよび「⽇本再興戦略改訂(抜粋)(2013年6⽉閣議決定)」の情報を基に、アムンディ・ジャパン株式会社が作成。

「医療」に投資するアムンディ インパクトフル・アクション・シリーズTMのファンド

アムンディ・次世代医療テクノロジー®・ファンド(愛称:みらいメディカル®) アムンディ・次世代医療テクノロジー®・ファンド(愛称:みらいメディカル®)

※次世代医療テクノロジー®およびみらいメディカル®は、アムンディ・ジャパンの登録商標です。

閉じる∧

気候変動 気候変動への対応は、論理的な概念以上であり経済活動の停滞や生産性の低下を防ぐために必要不可欠なアクションです。気候変動に対応するための低炭素社会を目指すことは国際的・全産業的な動きとなっています。

気候変動 気候変動

■ 気候変動問題は今現在、実際に起きている問題であり、早急に、また実効性の高い取り組みが必要とされます。

■ 産業革命以降、急速な経済発展によりCO2排出量が急増したことで、その大気中の濃度は、過去65万年で最も高い水準にあります。

出所:環境省「第1回ESG金融懇談会事務局資料」より抜粋。

■ 気候変動問題には、企業の様々なアクションが必要となってきていますが、個人としての私たち一人ひとりにもできることがあります。

【 イメージ図 】

【イメージ図 】 【イメージ図 】
さらに詳しく

「気候変動アクションをリードする企業」に投資するアムンディ インパクトフル・アクション・シリーズTMのファンド

SMBC・アムンディ クライメート・アクションTM SMBC・アムンディ クライメート・アクションTM

閉じる∧

サステナブル持続可能な成長 責任投資のパイオニア アムンディは、アムンディ インパクトフル・アクション・シリーズTMのファンドを通じ、持続可能(サステナブル)な社会の実現のため、運用の世界から社会にインパクトを与えることを目指します。

健康と幸福 健康と幸福

■ テーマ・アプローチ
アムンディは、サステナブルアプローチに基づいたメガトレンドに紐づく、株式テーマ投資の機会を提供します。このアプローチは、テーマに関連した重要な課題に対応するESG基準の選択に基づいており、また、問題がある企業(不祥事等)やインパクトに関する厳格なモニタリングを実施しています。

対処すべき課題に
基づいた特定の
ESG基準

4段階のアプローチ

■ FおよびGの銘柄を除外

■ 各テーマにとって影響度が大きい基準がFまたはGの銘柄を除外

■ ESG上、問題がある企業(不祥事等)を除外

■ テーマに関連した環境や社会上のインパクトを鑑みた企業活動から銘柄を選択・除外

*レーティングはAからGまで(Aが最高、Gが最低の評価)

対処すべき課題に基づいた
特定のESG基準

4段階のアプローチ

■ FおよびGの銘柄を除外

■ 各テーマにとって影響度が大きい基準がFまたはGの銘柄を除外

■ ESG上、問題がある企業(不祥事等)を除外

■ テーマに関連した環境や社会上のインパクトを鑑みた企業活動から銘柄を選択・除外

*レーティングはAからGまで(Aが最高、Gが最低の評価)

メガトレンドを
引き起こすドライバー

健康と幸福

メガトレンドを引き起こすドライバー

健康と幸福

国連の持続可能な
開発目標(SDGs)

■ 影響度が大きいテーマ:食料品のバリュー・チェーン、高齢化、教育、気候変動

■ インパクトの測定基準と持続可能な開発目標の枠組み

SDGs

国連の持続可能な開発目標(SDGs)

■ 影響度が大きいテーマ:食料品のバリュー・チェーン、高齢化、教育、気候変動

■ インパクトの測定基準と持続可能な開発目標の枠組み

SDGs

■ アムンディは、お客さまとの長期的な結びつきの証として、透明性が高く、効果的な資産形成と運用ソリューションの提供に努めています。

■ 持続可能(サステナブル)な成長はフィデューシャリー・デューティー(以下、FD) の重要なポイントと位置付けています。

*社会的・環境的インパクトの創出について透明性を高めるためのレポート。アムンディ インパクトフル・アクション・シリーズTMのファンドのうち、アムンディ・次世代医療テクノロジー®・ファンド(愛称:みらいメディカル®)は、本レポートの発行は行っていません。

閉じる∧

チャンスをとらえ、変革を後押しし、成長に投資

アムンディ インパクトフル・アクション・シリーズTMのファンド

  • ・当ウェブサイトは、アムンディ・ジャパン株式会社が日本の居住者の皆様を対象として設定・運用を行う国内投資信託の特色・仕組みおよび運用状況等をお伝えすることを目的として、アムンディ・ジャパン株式会社が作成したものであり、法令等に基づく開示書類ではありません。また、当ウェブサイトは、特定の金融商品の勧誘を目的とするものではありません。
  • ・当ウェブサイトの作成にあたり、情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、安全性を保証するものではありません。
  • ・ファンド等に関わる数値・グラフ等はあくまでも過去の実績であり、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。また、手数料・税金等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。換金時(および償還時)の費用・税金等は考慮しておりません。
  • ・当ウェブサイトにおいて表明された将来見通し、意見および情報は作成時点のものであり、予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイト中のいかなる内容も、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • ・投資信託の取得のお申込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめまたは同時にお渡ししますので、お受取の上、詳細の内容は投資信託説明書(交付目論見書)で必ずご確認ください。なお、投資に関する最終決定は、ご自身でご判断ください。
  • ・投資信託は預金、保険ではなく、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また、登録金融機関を通じてご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の保護の対象とはなりません。
  • ・投資信託は、株式など値動きのある有価証券(外貨建資産には、当該外貨の円に対する為替レートの変動による為替変動リスクもあります。)に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、金融機関の預金と異なり、購入金額を下回る場合があり、元本が保証されているものではありません。また、投資信託に生じた利益および損失は、すべて投資者の皆様に帰属します。

これより先は、へ移動します。
よろしければ「移動する」ボタンをクリックしてください。

リンク先URL:

※リンク先のウェブサイトは、アムンディ・ジャパン株式会社により管理されているものではありませんのでご了承ください。