アムンディのイノベーション

ESGの未来を見据えた投資

    • LinkedIn
    • twitter
    • facebook
    • LINE
    • mail
  • 印刷

投資判断に環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)のESG基準を組み入れることが投資家の間で主流になっています。多くの人々が自らの投資がもつ力を意識し始めています。欧州最大のアセットマネジャーであるアムンディは[1] 、すでにESGを実践している企業への「単なる」サポートを超える取り組みをしていきたいと考えています。

アムンディは責任投資のパイオニアです。我々は「ESGインプルーバー」という考え方を取り入れています。インプルーバーとは、ESGに関してやれることがある企業を指し、これらが改善への過程にあることに期待をかけるのです。

言い換えれば、ESGへの取り組みを強化すると確信する企業を発掘し、そこから価値を引き出すことを目指しています。アムンディの株式部門のヘッドであるカスパー・エルムグリーンは、ESGプレミアムがまだ株価に織り込まれていない企業に資金を配分することで投資家には収益機会があると述べています。

独創的な思考

エルムグリーンは、「多くの投資家の資金が優れたESG評価を受ける企業に殺到することで、こうした投資によるESG効果が薄れていくのは当然の成り行きです」と述べています。

アムンディは「ベスト・イン・クラス」としてトップ評価の企業を発掘するという従来のアプローチとは一線を画し、事業がベストでもワーストでもなく評価基準の中位にある企業に重点を置き、投資機会の発掘に努めています。

ESGとバリュエーションの関連性

b62a6665-734e-40d8-b178-06d02497b50a.png

多くの投資家の資金が優れたESG評価を受ける企業に殺到することで、こうした投資のESG効果が薄れていくのは当然の成り行きです。

カスパー・エルムグリーン
アムンディ、株式投資部門責任者

出所:
アムンディ (https://research-center.amundi.com/page/Article/Insights-Paper/2020/09/Looking-for-hidden-ESG-gems-a-new-frontier-for-responsible-investing-with-improvers?search=true). 2020年9月現在

エルムグリーンによれば、ESGインプルーバーを通じて、彼らの改善が実現するずっと前から投資家がその流れを利用し、ポートフォリオ収益機会を拡大させることが可能です。

これが、アムンディが企業の持続可能性目標の達成を支援するという考え方に沿って、企業のESGジャーニーを共にしようとする理由のひとつです。今はESG分野でアンダー・パフォームしていても、改善しようとしている企業を積極的に支援しています。

ESGインプルーバーを探し出すにあたりアムンディでは、ダイナミックで先を見据えたアプローチを採用しており、各企業のESGポテンシャルを個別に評価しています。

アムンディのESGインプルーバーに関する5つの指針[2]

1

安値で買い、高値で売る
アムンディはこの一般的な投資哲学をESGの世界でも活用しており、この思考がこれまでよりも高いリターンを生み出すと考えています。

2

ベストインクラス
あらゆるセクターを対象とするアプローチでESGインプルーバーを発掘します。

3

ファンダメンタルアプローチ
アムンディの分析では、ある時点のESG格付けだけでなく、今後を見据えた定性的評価を加えています。

4

重要性
ESGの改善は具体的且つ事業収益に結び付くべきであり、アムンディは財務的な重要事項に焦点を当てています。

5

インプルーバーおよびリーダー
ESGリーダーの高い評価とインプルーバーが持つ収益獲得の可能性を組み合わせることで、リスク調整後リターンを高めることが可能です。

エルムグリーンの観点でいうと、経験値の違いを問わずESG投資家にとって、欧州は特に興味深い地域です。欧州は多くの世界的なESGリーダーが拠点を構えているだけでなく、世界で最も先進的なESG枠組みを備えています。[3]

新型コロナウイルス感染症とそれによって生じた市場の混乱は、ESG基準を投資判断に組み入れることの重要性を高めており、ESGファンドは従来のファンドよりも優れた危機への耐性を示しています。[4]

「ESGに関わる領域の全体が活況を呈している。」とエルムグリーンは指摘します。投資家に何が重要かと尋ねると、優先順位の上位には必ずESGが入ってきます。これは朗報ですが、前述の通り、ESGの領域に参加する投資家が増えるほど、得られるリターンは限られてきます。こうしたなかで、アムンディ独自のESGインプルーバーの概念は、これからの収益機会の発掘を可能にします。

出所:

[1] インベストメント・ペンション・ヨーロッパによる資産運用会社トップ500社(2021年6月版、2020年12月末の運用資産額)に基づく

[2] 2021年8月31日現在のアムンディ・アセット・マネジメント

[3] https://research-center.amundi.com/page/Article/Insights-Paper/2020/09/Looking-for-hidden-ESG-gems-a-new-frontier-for-responsible-investing-with-improvers?search=true

[4] S&P グローバル・マーケット・インテリジェンスが17のETFおよびESGミューチュアルファンドを分析した結果、その内の14ファンドが2020年7月31日時点で広範な市場をアウトパフォームしていました。S&P グローバル・マーケット・インテリジェンス:https://www.spglobal.com/marketintelligence/en/news-insights/latest-news-headlines/esg-funds-outperform-s-p-500-amid-covid-19-helped-by-tech-stock-boom-59850808

  • 本コンテンツは、アムンディ・アセットマネジメントが一般・参考情報の提供を目的として作成した資料からの抜粋を弊社が翻訳したものです。
  • 本コンテンツと原文との内容に差がある場合は、原文の内容が優先します。
  • 本コンテンツは、本資料に含まれるいかなる金融商品の販売や媒介を意図、または購入・売却の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本コンテンツは法令に基づく開示資料ではありません。
  • 本コンテンツ中に記載したアムンディ・アセットマネジメントの見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当コンテンツ作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また、見通し等や過去の運用実績を含むいかなる内容も、将来の投資収益等を示唆または保証するものではありません。
  • 本コンテンツは、信頼できると考えられる情報に基づき作成しておりますが、情報の正確性、完全性について保証するものではありません。
  • 本コンテンツに記載されている内容は、全て本コンテンツ作成日以前のものであり、今後予告なしに変更される可能性があります。
  • 本コンテンツに含まれる情報から生じるいかなる責務(直接的、間接的を問わず)を負うものではありません。
  • 弊社の許可なく、本コンテンツを複製または再配布することはできません。

文書作成日:2021年9月17日

文書番号:2039645

これより先は、へ移動します。
よろしければ「移動する」ボタンをクリックしてください。

リンク先URL:

※リンク先のウェブサイトは、アムンディ・ジャパン株式会社により管理されているものではありませんのでご了承ください。