アムンディのESG

適応するか淘汰されるか

    • LinkedIn
    • twitter
    • facebook
    • LINE
    • mail
  • 印刷

気候変動と社会的不平等は、特定の分野に限ったことではありません。これはすべての人、あらゆることに影響を及ぼします。

だからこそ、投資家は企業の全体像を考慮すべき時にきているのだと確信しています。財務面だけではなくESG要因を併せて考慮することにより、投資家は企業とその収益性を深く理解することができます。

アムンディのチーフ・レスポンシブル・インベストメント・オフィサーであるエロディー・ローゲルは「金融エコシステムは別世界に存在しているわけではありません。投資プロセスにおけるESG基準の組み入れは、収益機会とリスクの両側面からみても、もはや当たり前になっています。これらの持続可能性の問題は極めて明白であり、規制の増加が企業の移行リスクに拍車をかけています。企業は適応しなければ淘汰されていくでしょう。」と警告しています。

アセットマネジャーはこの移行を促進する上で、投資家と企業を仲介するという重要な役割を担っている、とローゲルは説明します。アセットマネジャーは気候変動と社会的問題を考慮する投資プロダクトに一層注目しており、エネルギー転換を必要とする企業の資金調達ニーズも拡大し続けています。

「需要と供給があり、その中間にいるのが投資家です。」とローゲルは述べます。

私たちはフロンティアを開拓し続ける必要があります。

エロディー・ローゲル
チーフ・レスポンシブル・インベストメント・オフィサー

問題は「なぜ、するのか?」ではなく、「なぜ、出来ないのか?」

「社会に望ましい効果、例えば、健康、雇用創出や教育へのアクセスなどをもたらすプロジェクトに資金を拠出するソーシャルボンドを通じたソリューションを私たちは開発しています。」とローゲルは述べます。

(アムンディでの取り組みでは、)E(環境)、S(社会)あるいはG(ガバナンス)の構成要素にプライオリティを設けない場合、提供するソリューションは、通常、これら3つの要素すべてを同等に勘案します。また、たとえ厳密にはグリーン・プロジェクトではなく、むしろグローバル市場への投資だとしても、ポートフォリオにおけるすべての投資判断はその企業のESGに関わる取り組みを反映しています。このように、ESGはアムンディの真正面、中核にあるのです。

これを行ううえでは、透明性がカギとなっています。企業が十分な情報を提供せず投資家がそのESGプラクティス(行動)を評価できない場合、アムンディは(議決権行使において)躊躇なく反対票を投じます。[1]

議決権を行使することで、アムンディはESGで取り組むべき事項を遵守していない企業にプレッシャーを与えることができます。実際、2020年にアムンディはこの株主としての権利をフル活用し、気候変動と社会問題で注目された決議案の89%に議決権を行使しました。[2]

「エンゲージメントは強力な手段です。企業の移行への道のりにおけるもうひとつの選択肢は、資本が十分に提供されていない市場においてサステナブル・ファイナンス(持続可能な金融)を提供することです。」とローゲルは話します。

「そのために、私たちは世界銀行グループの一員であるIFCとパートナーシップを締結し、新興国市場のグリーン・プロジェクトに資金を提供しています。また、欧州投資銀行と提携し、未上場企業のグリーン・ファイナンスに資金を提供するのも同じ理由です。これらはアムンディが提携する多くの外部パートナーのなかの2つに過ぎません。フロンティアを押し続ける必要があるのです。」

出所:

[1] アムンディの議決権行使の方針2020
[2] https://shareaction.org/research-resources/voting-matters-2020/

  • 本コンテンツは、アムンディ・アセットマネジメントが一般・参考情報の提供を目的として作成した資料からの抜粋を弊社が翻訳したものです。
  • 本コンテンツと原文との内容に差がある場合は、原文の内容が優先します。
  • 本コンテンツは、本資料に含まれるいかなる金融商品の販売や媒介を意図、または購入・売却の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本コンテンツは法令に基づく開示資料ではありません。
  • 本コンテンツ中に記載したアムンディ・アセットマネジメントの見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当コンテンツ作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また、見通し等や過去の運用実績を含むいかなる内容も、将来の投資収益等を示唆または保証するものではありません。
  • 本コンテンツは、信頼できると考えられる情報に基づき作成しておりますが、情報の正確性、完全性について保証するものではありません。
  • 本コンテンツに記載されている内容は、全て本コンテンツ作成日以前のものであり、今後予告なしに変更される可能性があります。
  • 本コンテンツに含まれる情報から生じるいかなる責務(直接的、間接的を問わず)を負うものではありません。
  • 弊社の許可なく、本コンテンツを複製または再配布することはできません。

文書作成日: 2022年1月31日
文書番号:2180369

これより先は、へ移動します。
よろしければ「移動する」ボタンをクリックしてください。

リンク先URL:

※リンク先のウェブサイトは、アムンディ・ジャパン株式会社により管理されているものではありませんのでご了承ください。