アムンディは責任投資のパイオニア

日本のESG専門チーム

アムンディ・ジャパンでは、ESGリサーチ部を2015年に設立、グループ内で最高の能力を集結し、日本の機関投資家ならびに個人投資家の皆さまへ幅広く、必要性に応じたソリューションを提供します。 ESG活動報告

ESGのリーダー、
アムンディ・ジャパン

岩永 泰典

チーフ・インベストメント・オフィサー

アムンディ・ジャパンは、ESGリサーチ部を2015年に設立しています。当部は、パリ本社でESG調査およびコーポレート・ガバナンス(議決権行使、エンゲージメント)を統括するチームと密接に連携しています。

当社は、15年以上にわたりジャパン・ターゲット戦略を運用しています。同戦略は企業との継続的な対話を通じて、株主価値の創造を追求していくものです。そして、最近スタートしたジャパン・エンゲージメント戦略では、企業のさらなる成長と投資成果を確実にすることを目指し、財務のみならず非財務の課題、ESG課題についても企業の経営者と対話を行います。

2000年 ジャパン・ターゲット戦略の設定
2014年 スチュワードシップ・コードの受入表明
2015年 ESGリサーチ部設立
2017年 ジャパン・エンゲージメント戦略の設定
2017年 責任投資諮問委員会(RIAC)の設立

諸外国と同様に、日本でもSDGs(持続可能な開発目標)をビジネスや投資プロセスに取り入れようとする企業や投資家が増えつつあります。アムンディは、社会的インパクト、気候変動、水不足などのESGテーマに焦点を当てた独自の商品を揃えています。また、お客さまの方針を反映した専用スクリーニングの分野でも優れた実績を上げています。

アムンディ・グループのグローバル・ソリューションと日本の機関投資家ならびに個人投資家の皆さまを結ぶ準備が整っています。

ESG活動報告

私たちのミッション

責任投資はアムンディ設立来の重要な柱のひとつです。アムンディ・ジャパンは、投資先企業の持続的成長を促しつつ、企業価値向上を通じて資産の成長を追求します。

1)スチュワードシップ

スチュワードシップ推進会議をとおして、アムンディ・ジャパンのスチュワードシップコードを管理し、スチュワードシップ活動におけるチーム相互協力を促します。

2)議決権行使

アムンディのコーポレートガバナンスチームと連携し、アムンディ・ジャパンの投資先企業に対して議決権を行使します。

3)エンゲージメント

アムンディ・グループの責任投資のフレームワークに添った、株主としての建設的な対話や助言などを行います。

4)日本における責任投資
/ESGの推進

責任投資関連のイベントに積極的に参加し、様々な分野でESGの統合を推進しています。

責任投資:設定来の重要な柱

日本におけるESG投資:ジャパン・エンゲージメント戦略

アムンディ・ジャパンでは、2017年2月に、ジャパン・エンゲージメント戦略の運用を開始しました。

この戦略は、投資先企業とのエンゲージメントを通じて、企業価値向上を実現、お客さまからお預かりした資産の成長を追求するものです。財務健全性、事業の潜在的成長力、経営陣の能力およびESGへのとりくみにおいて、優れた企業を選定し、約30社への集中投資を行っています。

企業とのエンゲージメントでは、中長期的な投資企業の持続的な成長および競争優位性の確立を目的に、株主還元の向上にとどまらず、資本効率の改善、ガバナンスの強化、ESGに対するとりくみの改善、市場とのコミュニケーション向上を促すなど、アプローチは多岐にわたります。

また、ESG関連のアプローチにおいては、ジャパン・エンゲージメント戦略運用チームとESGリサーチチームが協働し、ESGに関する専門性を活かしたエンゲージメントを行っています。

エンゲージメントを軸に置く
チーム体制

アクティブ・ジャパン運用部とESGリサーチ部の協働により統合的なエンゲージメントを実施

運用本部 株式運用部長藤田 泰介

ESGリサーチ部長近江 静子

戦略の特徴

投資対象

独自のスクリーニングおよびリサーチで、ハイクオリティ企業を発掘

・高い資本生産性、成長力、財務健全性

・持続的に価値創造を行うことのできる優れた経営陣

・アムンディ独自のESG評価を用いたスクリーニング

運用方針

・ハイクオリティ企業約30社への集中投資

・保有期間3~5年の長期投資で、エンゲージメントの効果を最大化

・積極的なエンゲージメントを通じた企業価値向上の追求

長期的な企業価値向上を
補強するエンゲージメント

資本配分、市場へのコミュニケーションの双方向エンゲージメントを
実施することで、企業価値の向上を追求

企業(市場)価値↑=将来のキャッシュフロー↑÷割引率↓ 将来キャッシュフローを上げる資本配分およびガバナンスの最適化→企業価値増大←割引率を下げるESG、IRの改善 企業(市場)価値↑=将来のキャッシュフロー↑÷割引率↓ 将来キャッシュフローを上げる資本配分およびガバナンスの最適化→企業価値増大←割引率を下げるESG、IRの改善
ESG活動報告

資産運用に関するお問い合わせ

年金・機関投資家のお客様の資産運用に関するお問い合わせ等は以下までお願いいたします。

窓口:機関投資家ビジネス本部(本部代表) 03-3593-9296

ESGサイト

  • 責任投資へのコミットメント

  • 3ヵ年アクションプラン

  • 責任投資ソリューション

  • エンゲージメント

  • 日本のESG専門チーム

  • 関連情報

ESG関連サイト

これより先は、へ移動します。
よろしければ「移動する」ボタンをクリックしてください。

リンク先URL:

※リンク先のウェブサイトは、アムンディ・ジャパン株式会社により管理されているものではありませんのでご了承ください。