ホーム > 会社情報 > 記事 > 「エンゲージメント(投資先企業との対話)」についての記事が Variances.eu に掲載されました

「エンゲージメント(投資先企業との対話)」についての記事が Variances.eu に掲載されました

イメージ


ジャパン・エンゲージメント戦略運用チームと ESG リサーチチームによる「エンゲージメント(投資先企業との対話)」についての記事が Variances.eu*に掲載されました。これは、投資先企業へのエンゲージメントのアプローチや、投資先企業とのエンゲージメントを 通じて、どのように成果につなげていくのかを紹介しています。
アムンディ・ジャパンでは、投資先企業へ積極的にエンゲージメントを行っています。ここ数年、多くの機関投資家が日本のスチュワードシップコードに署名してきたことから、日本でもエンゲージメントが主流になりつつあります。ただ多くの場合は、短期的な株主還元の向上や、単に議決権行使方針への対処にとどまる傾向があります。アムンディ・ジャパンでは、エンゲージメントにより企業価値の向上を実現できるとの強い信念のもと、資本効率の改善、ガバナンスの強化、ESG に対するとりくみの改善など多岐にわたってアプローチを行っています。

* Variances.eu は、ENSAE(National School of Economics and Statistics in Paris 国立統計経済行政学院、現パリ工科大学)の卒業生が運営する団体であり、経済、金融および統計学など幅広いテーマの記事をご紹介しています。

 関連ページ

これより先は、へ移動します。
よろしければ「移動する」ボタンをクリックしてください。

リンク先URL:

※リンク先のウェブサイトは、アムンディ・ジャパン株式会社により管理されているものではありませんのでご了承ください。