ホーム > 会社情報 > 記事 > ワン・プラネット・ソブリンウェルスファンド・アセットマネジャー・イニシアチブ設立

ワン・プラネット・ソブリンウェルスファンド・アセットマネジャー・イニシアチブ設立

エリゼ宮殿での集合写真


2019年7月10日、アムンディを含む資産運用会社8社が、フランスのエマニュエル・マクロン大統領の要請に応え、エリゼ宮殿においてマクロン大統領の前で、ワン・プラネット・ソブリンウェルスファンド・アセットマネジャー・イニシアチブを設立しました。
このイニシアチブの目的は、ワン・プラネット・ソブリンウェルスファンドのメンバーが、気候リスク分析のポートフォリオ運用への導入を促進するための共通の枠組みの実現を支援することです。
アムンディ CEOイヴ・ペリエは、次のように述べています。
「ソブリンウェルスファンドが気候変動に取り組んでいることを大変嬉しく思っています。これは数年来のアムンディの姿勢と完全に一致しています。また、互いに長期投資というスタンスと受益者に対し長期的にベストパフォーマンスを提供するという義務を共有しているのですから、これは全く自然な流れといえるでしょう。」

 関連ページ

これより先は、へ移動します。
よろしければ「移動する」ボタンをクリックしてください。

リンク先URL:

※リンク先のウェブサイトは、アムンディ・ジャパン株式会社により管理されているものではありませんのでご了承ください。