ホーム > 会社情報 > 記事 > 「ESG ファイナンス・アワード・ジャパン」にて投資家部門銀賞(環境大臣賞)を受賞

「ESG ファイナンス・アワード・ジャパン」にて投資家部門 銀賞(環境大臣賞)を受賞

イメージ


この度、2020年2月26日に、アムンディ・ジャパンは環境省が主催する「ESG ファイナンス・アワード・ジャパン」にて投資家部門 銀賞(環境大臣賞)を受賞し、小泉環境大臣より表彰を受けました。
アムンディは、ESG要素を考慮して、常に革新的な取り組みを一貫して展開しています。日本では、2015年に逸早くESGリサーチ部を設け、企業のESGへの取り組みを建設的な対話やイニシアチブへの参加を通じて促してきました。運用戦略においては、ESGを統合して持続的な企業価値値向上の実現を目指すジャパン・エンゲージメント・ファンドによるポートフォリオ・マネジメントをはじめ、個人投資家向けには、SMBC・アムンディ クライメート・アクションTMを含む「アムンディ インパクトフル・アクションシリーズTM」などのESGファンドをパートナー販売会社とともに立ち上げ、ESG投資アプローチを促進するとともに、機関投資家顧客には助言をしています。
このような国内外におけるESG金融の開発と普及に貢献する取り組みが高く評価され、ESGファイナンス・アワード・ジャパン 投資家部門 銀賞(環境大臣賞)を受賞いたしました。
アムンディ・ジャパンは、これからも低炭素社会の実現に向け、投資を通じて社会的・環境的なインパクトを与え、持続可能な社会の実現やSDGsの達成へ貢献できる機会を日本の投資家の皆様に提供するとともに、この受賞を励みとし、国内外におけるESG金融の普及を引き続き推進していく所存です。

 関連ページ

これより先は、へ移動します。
よろしければ「移動する」ボタンをクリックしてください。

リンク先URL:

※リンク先のウェブサイトは、アムンディ・ジャパン株式会社により管理されているものではありませんのでご了承ください。