ホーム > 投資信託ガイド > 投資信託とは

投資信託とは?

投資家のみなさまから集めた資金を運用の専門家が株式や債券などを買い、その運用成果(マイナスの場合もあります)を投資家のみなさまの投資額(口数)に応じて、配分するという仕組みの金融商品で、資産運用の一手法です。

投資信託の主なメリット

少額で始められます
株式や債券に投資するにはある程度まとまった資金が必要ですが、投資信託は1万円から、10万円から、など少額で始められます。
専門家が運用します
運用の専門家(ファンドマネージャー)が、あらかじめ決められた運用方針に基づいて投資対象の選別、売買のタイミングを図りながら投資を行います。
分散投資ができます
分散投資とは、様々な投資対象(株・債券等資産の種類、地域、通貨、業種等)に分散して投資をすることをいいます。各資産・銘柄はそれぞれ値動きが異なるため、分散投資をすることにより、全体の値動きを比較的小さく抑える効果が期待できます。

投資信託の主なリスク

投資信託はリスクを含む商品であり、運用実績は市場環境により変動します。したがって、元本保証はありません。リスクとは、投資の世界で『可能性の幅』、『収益の振れ幅の大きさ』といったことを指します。

株価変動リスク
株価変動リスクとは、ファンドに組入れられている株式の価格が変動することにより、投資信託の価額が影響を受けるリスクをいいます。株価は、国内及び世界の政治・経済情勢、企業の業績や需給等を反映して日々変動します。
金利変動リスク
金利変動リスクとは、金利の変動によって債券等の価格が変動するリスクをいいます。
為替変動リスク
為替変動リスクとは、外国為替相場の変動によって、外貨建て資産の円換算での資産価値が変動するリスクをいいます。一般的には、円高は円換算での資産価値の下落要因になり、円安は上昇要因になります。
信用リスク
信用リスクとは、投資信託に組み入れられている有価証券(株式、債券等)の発行体の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、有価証券の価格が下落し、投資信託の基準価額が影響を受けるリスクをいいます。

上記はあくまでも一般論であり、必ずしもあらゆる事象において該当するとは限りません。また、リスクの種類は上記以外にもあります。

※投資信託は様々な種類があります。ご購入の際は、それぞれの投資信託の投資信託説明書(目論見書)や販売用資料にてご確認ください。投資信託はリスクを含む商品であり、運用実績は市場環境により変動します。したがって、元本保証はありません。

リスクとリターンの関係

一般的に下表のように大きなリターンを期待する場合は、大きな損失が生じる可能性も考慮しなければなりません。逆に元本割れの可能性を低くしようとすると、期待できるリターンも小さくなります。

上記関係はあくまでも一般論であり、実際の市場には様々な考えを持つ市場参加者がいるため、必ずしも上記の図のような結果になるとは限りません。

リスクと上手に付き合う方法

分散投資(投資対象の分散)
資産の種類(株・債券・リート等)、地域、通貨等、値動きの異なる資産に分散することによってリスクを分散します。
投資タイミングの分散
時間分散。一度に全額を投資するより、何回かにタイミングを分けて投資することで、リスクを抑える効果が期待できます。毎月一定額を積み立てる等の方法があります。
長期投資
資産の価格は、一時的要因により短期間で大きく変動することがありますが、長期的に見ると、短期的な変動が相殺され、投資成果のばらつきが小さくなる傾向があります。
  • アムンディ・ジャパン Facebook公式ページ
  • アムンディ・ダブルウォッチ
  • アムンディ・欧州ハイ・イールド債券ファンド スペシャルサイト
  • ファンド休業日
  • マーケット情報

    表示期間

    1. 1ヵ月
    2. 3ヵ月
    3. 6ヵ月
    4. 1年
    5. 3年
    6. 5年
    7. 10年
    8. 10年超
    表示期間を変更

    2017年08月18日終値現在

    •  
    •  ..........0

    ×
スマートフォンサイト

スマートフォン専用サイトは下記のQRコードを読み取ってください。

QRコード
※「QRコード」は、(株)デンソーウェーブの登録商標です。
スマートフォンサイトのご案内

お客様サポートライン

これより先は、へ移動します。
よろしければ「移動する」ボタンをクリックしてください。

リンク先URL:

※リンク先のウェブサイトは、アムンディ・ジャパン株式会社により管理されているものではありませんのでご了承ください。